冷凍野菜イメージ写真

食品製造事業

食品製造事業

限りある資源を無駄なく活かす。フードロスゼロ社会を目指して。

飽食の時代といわれる現在、日本のフードロス量は年間約600万トンを超えるとされています。
しかし日本の食料自給率は低く、輸入食材に依存しているのが実情です。世界の食料需給バランスは常に変化しており、いずれ表面化する「食料問題」は《避けて通れない大きな課題》です。
その難題を解決する「鍵」が《冷凍食品》です。私たちは《特殊冷凍技術》を用いて、限りある食資源を無駄なく活かす事で、地球環境や地域経済に貢献したいと考えております。

旬の美味しさを、いつでも必要なだけご提供します。
〜安全・高品質・新鮮な食品をお届けします〜

農家の皆様が丹精込めて大切に育てた新鮮な旬野菜や果物を、
最新加工技術により《いつでも美味しい旬感》を楽しんでいただける、
コストパフォーマンスに優れた商品づくりを行っています。

カット野菜、キット野菜、チルド食品、冷凍果物 

2つの特殊技術で、冷凍食材の常識を変えます!!

冷凍食品は私たちの食生活に欠かせない存在ですが、
今だに多くの方が「保存は効くが味は落ちる」という印象を持っています。
しかし近年、その常識を覆す新しい技術が数多く登場しており
「冷凍食品は味が落ちる」という常識は、今や過去のものとなっています。
私たちは、特殊スチーム加工と超低温急速冷凍という2つのアプローチで、
高品質な冷凍食品を開発・製造しています。

職人の「下ごしらえ」を完全再現する《特殊スチーム加工》

食材加熱は、一般的に沸騰や蒸気により100℃以上で行われます。その際、食材の細胞壁が破壊され栄養分が流失し、栄養価や美味しさが損なわれています。
弊社の特殊スチーム加工は100℃以下の低温ミストの適温保湿加熱により細胞組織を保持し、品質劣化や変形を最小限に抑制する事が可能です。対流加熱と凝縮熱の相乗効果により、食材中心まで素早く均等加熱する事ができます。食材・加工目的に応じて《熟練職人の下ごしらえ》を実現する事ができます。

スチーム方式の違いの説明図

食材の美味しさをそのまま封じ込める《超低温急速冷凍》

一般的な急速冷凍では、細胞を冷凍させると水分膨張により細胞破壊が起き、細胞内に含まれる旨味や栄養素が流出してしまいます。これが美味しさが失われる原因です。
一般的に-5℃から-1℃の間が細胞破壊が起きやすい温度帯とされており、超低温急速冷凍機では、この《魔の時間帯》を最小限に抑える為、-60℃の超低温冷気にて食品全体を均一に、短時間で急速冷凍する事で、食材を最高の状態にロックします。

冷凍方式の違いの説明図

《当社の特殊加工の特徴》

  • ●50~90℃の低温湿式加熱で細胞膜破壊を最小限に抑えられる。
  • ●素材本来の水分・旨味・食感を損なわずに加工できる。
  • ●加熱に弱いビタミンCの減少を抑えれる。
  • ●素材が持つ甘味・旨味・ポリフェノール等の機能性成分を増加できる。
  • ●素材の固さを自由自在に調整できる。
  • ●保存料・添加物も不使用のため、素材本来の味わいが楽しめます。
  • ●食品細胞が熱耐性を持つので、本調理時の食材縮みがほぼ無い。

加工可能食材・取引先の一例図

HACCPの考えを取り入れた衛生管理体制

HACCPの考えに基づいた生産ライン構築と「衛生管理体制の見える化」に取り組んでいます。生産チームから独立した品質管理チームが全工程を調査し、衛生管理計画書・作業手順書の作成・食品取扱者への教育・定期的な確認を行ってます。生産チーム・品質管理チーム共に力を合わせ、日々安心安全な商品作りに取り組んでいます。

衛生管理体制の説明図

品質管理の一例

品質管理の一例図

工場内の作業イメージ 

新商品開発にご利用いただける
テストキッチンを常設。
「自社人気商品を冷凍食品化してみたいが、すぐに設備投資ができない…」とお悩みの方に、弊社設備を利用して試作品開発ができるテストキッチンをご用意しています。作業場の提供だけでなく、商品開発から販路開拓まで幅広くご相談にのります。私たちと一緒に「備後発の人気商品」を創ってみませんか?
生鮮野菜・業務用カット野菜のことなら、お気軽にご相談ください!!
上に戻る